cover cover cover

2007年10月13日

メタボリックシンドローム

美和明宏によってブームになったチベット体操には、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防、メタボ解消効果があるようです。

メタボリックシンドロームは、お腹の中にたまった脂肪が、糖尿病や高血圧などを引き起こさせる症状です。やがては、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因にもなります。
生活習慣病ともいわれ、毎日の食生活やライフスタイルの改善が必要になります。

私の知人でも血圧が高いので、医者から17キロ体重を落とすようにいわれた人がいました。運動をして、体を動かしなさいと、健康診断を受けるたびに言われるそうです。
私がちょうどスポーツジムに通い始めたので、どこのジムがいいかなど、情報を集めていました。


さて、メタボリックシンドロームの原因には、いろんな生活習慣があります。

食べすぎ、過食
おやつの食べ過ぎ

砂糖や塩、油のとりすぎ
野菜不足、海藻不足

よくかんで食べない
(満腹中枢は、食事を始めて20分すると作用します。
ゆっくり食べていると、満腹中枢が働いて、それ以上食べたくなくなります。
よくかんで時間をかけて食べるには、過食を防ぐ意味もあります。

またかんであごを動かすと、脳に刺激がいき、かめばかむほど頭が良くなるとも言われています)

運動不足
エネルギーの過剰摂取

不規則な食生活
ストレス



メタボ予防のためにも、1日3食きちんと食べて、エクササイズやジョギングなどをして体を動かしましょう。


チベット体操はゆっくりな動きなので、いきなり強い運動は難しいという方におすすめです。
1日15分ずつやると効果が出るので、自宅でも毎日運動ができます。


posted by チベット体操 at 00:43 | Comment(26) | TrackBack(2) | チベット体操とは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。