cover cover cover

2007年10月13日

メタボリックシンドローム

美和明宏によってブームになったチベット体操には、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防、メタボ解消効果があるようです。

メタボリックシンドロームは、お腹の中にたまった脂肪が、糖尿病や高血圧などを引き起こさせる症状です。やがては、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の原因にもなります。
生活習慣病ともいわれ、毎日の食生活やライフスタイルの改善が必要になります。

私の知人でも血圧が高いので、医者から17キロ体重を落とすようにいわれた人がいました。運動をして、体を動かしなさいと、健康診断を受けるたびに言われるそうです。
私がちょうどスポーツジムに通い始めたので、どこのジムがいいかなど、情報を集めていました。


さて、メタボリックシンドロームの原因には、いろんな生活習慣があります。

食べすぎ、過食
おやつの食べ過ぎ

砂糖や塩、油のとりすぎ
野菜不足、海藻不足

よくかんで食べない
(満腹中枢は、食事を始めて20分すると作用します。
ゆっくり食べていると、満腹中枢が働いて、それ以上食べたくなくなります。
よくかんで時間をかけて食べるには、過食を防ぐ意味もあります。

またかんであごを動かすと、脳に刺激がいき、かめばかむほど頭が良くなるとも言われています)

運動不足
エネルギーの過剰摂取

不規則な食生活
ストレス



メタボ予防のためにも、1日3食きちんと食べて、エクササイズやジョギングなどをして体を動かしましょう。


チベット体操はゆっくりな動きなので、いきなり強い運動は難しいという方におすすめです。
1日15分ずつやると効果が出るので、自宅でも毎日運動ができます。


posted by チベット体操 at 00:43 | Comment(26) | TrackBack(2) | チベット体操とは?

基本の5つの動き

チベット体操の基本の5つの動きを、ご紹介しましょう。
この5つの動きを3回ずつ行うと、約15分です。
毎日15分ずつエクササイズすると、ダイエット効果、アンチエイジング(若返り)効果、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防に期待ができます!


【基本の動き】
@両腕を水平に広げます。
右回りに回ります。

目が回りそうになったら止まって、腕を下ろして呼吸を整えましょう。



A仰向けに寝ます。
息を深く吸ったら、あごを胸につけて息を吐きます。
頭だけ床から離れます。

そしてあごを胸につけたまま息を吸いながら、両足を垂直に上に上げます。
息を吐きながら、頭と足をゆっくり床に戻します。



B両ひざを床につけます。
両手はお尻の下に当てて、意気を深く吸います。

あごを胸につけて、息を吐きます。


息を吸いながら、上体を後ろにそらします。
息を吐きながら、体を元に戻します。



C足を前にまっすぐ出して、床に座りましょう。
腕を下にのばし、両手のひらは腰の横の床につけます。

息を深く吸ったら、あごを胸につけて下を見ながら息を吐きます。


次に、かかとを前にずらし、仰向けで両手足で支えて、腰を持ち上げます。このときに、息を吸います。
ブリッジのような姿勢ですが、腕はそりかえってはいません。

あごを上に上げてそらし、息を吐きながら元に戻します。



Dうつ伏せに寝ます。
両手の平を肩の横の床につけて、上体を起こします。
息を吐きます。

息を吸いながら、腰を上に持ち上げます。
逆Vの字の形です。
吐きながら、元の姿勢に戻します。


posted by チベット体操 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | チベット体操とは?

2007年10月12日

簡単で人気

チベット体操が、大人気ですね!
というのも、ヨガに似ていますが、基本の動きが5〜6種類しかなくて簡単だからなんです(笑)!

ヨガと同じように、深い呼吸とゆったりとした動きで、ダイエット効果、メタボリックシンドローム(内蔵型脂肪症候群)予防、アンチエイジング(若返り)効果などが期待できるのも、魅力です。


チベット体操は、腹式呼吸です。
鼻から息を吸い、口から吐きます。それも鼻から少しずつ、ゆっくりと時間をかけて吸い、口から吐くときも同様に少しずつ吐きます。

なかなかゆっくりした、長い呼吸をすることが最初は難しいですね。
私は浅い呼吸が多いので、ヨガやピラティス、チベット体操などのような深く長い呼吸をするのは、慣れていません(恥)。


さて、毎日15分ずつチベット体操をして1年たったという50代の主婦は、体が重くて疲れやすかったのが、ひざと腰の痛みが楽になり、体も軽くなったそうです。

いきなり激しい運動はできない、でも健康管理をしたいという人は、
チベット体操の基本の動きを、最初は3回ずつやることから始めればいいそうです。

そのときは、呼吸法に気をつけましょう。
深くゆっくりと呼吸しながら、エクササイズをしましょう。

ゆっくり呼吸することで、少ない回数でも、筋肉が鍛えられるそうです。内臓や関節などを支える筋肉、インナーマッスルも強化されるといいます。


posted by チベット体操 at 21:16 | Comment(1) | TrackBack(1) | チベット体操とは?

2007年07月20日

美和明宏おすすめのチベット体操とは?

美和明宏おすすめのチベット体操って、アンチエイジング(若返り)、メタボリック予防、デトックス(排毒)にいいんですって!
霊感もあるスピリチュアルな美和明宏が実践しているチベット体操って、ヨガ(ヨーガ)やピラティスが難しい人にもカンタンできる呼吸法なんですヨ。
ビリーズブートキャンプに入隊すらできないような、運動不足の私としては(笑)、ダイエット法やヨガよりもやさしいチベット体操のほうが向いている感じです。

というのも、
体操する回数にこだわらくなくていいからなんです!!

一つ一つの体操を、
呼吸を意識してやればいいそうで、
1日10分程度でも効果が出るそうですよ!

チベット体操は基本が、5(または6)つの儀式(ポーズ)からなっています。


また、
ヨガと同じく、朝(6〜10時ごろ)にやるといいという人もいますね。



ちなみに、
1つめの儀式は右回りにくるくる回るというものですが、
コレは三輪明宏さんがテレビで実践して見せたものですね。

この第1のポーズの効果は、
チャクラの活性化やホルモンの分泌を活発にするなどがあります。


第2のポーズの効果は、
排泄力のアップや消化器系の回復効果。

第3の効果は、
バストアップ、ヒップアップ効果や精神的な活力を与えること。

第4の効果は、
二の腕を引き締めたりヒップアップ効果。

第5の効果は、
ストレス発散や美容効果などです。


チベット体操、ヨーガ、アーユルヴェーダ(=インドの伝承医学)や瞑想などを関連づけて、アンチエイジング、ダイエット効果を高めたものになっています。
posted by チベット体操 at 00:00 | チベット体操とは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。